《 お茶の選び方 》

一言にかぶせ茶と言っても色々な種類があります。味や香り、用途によってお選びください。




「二重かぶせ茶」

従来の「かぶせ茶」は寒冷紗と呼ばれる黒いシートを一枚被せるのですが、寒冷紗の遮光率は約80%程なので20%は光を通過させてしまいます。 そこで寒冷紗を二重に被せることで、光をほとんど通さずに栽培し刈り取りました。 これにより甘味・旨味を最大限に引き出しました。   ほとんどの農家さんが実施しておらず世に出回っていない一品です。 60℃〜70℃のお湯で淹れてお飲み下さい。


「特選」

芽が(みずみずしく)若いうちに刈り取り、製茶しました。 茶葉が細かく、香り・色・味ともに最高級で玉露風の深みのあるお茶です。 60℃〜70℃のお湯で淹れてお飲み下さい。


「銘茶」

「特撰・特上・上」の(やぶきた種)に比べると香りが強く味が濃厚です。 葉肉が厚く葉に十分な旨味を含んでいる為、味わい深いお茶です。 70℃くらいのお湯でお飲み下さい。


「特上」

芽がやや成長した段階で刈り取り、製茶しました。 特撰と比べ茶葉が少し大きいですが、香り・色・味ともにほとんど変わらず 贅沢なお茶です。 60℃〜70℃のお湯で淹れてお飲み下さい。


「燻し煎り茶」

スモ−クウッドを使って燻しました。燻すことで腐敗を防ぎ保存性を高め、また煎ることで香りや味をまろやかにしています。 麦茶とウ−ロン茶の中間のような味です。味が少々苦く感じる方は湯量を多く茶葉を少なくして薄めでお飲み下さい。 冷やしてお飲みいただくとすっきり美味しくいただけます。


「上」

日本で飲まれているお茶のほとんどがこのやぶきた種です。 特撰と比べると茶葉が大きく、硬い為お茶の濃厚度(深み)には欠けますが、 カテキンが多く含まれています。  ほどよい渋味と甘味があり、ご家庭で使用 するには十分だとおもいます。 茶葉が大きく硬い為、70℃〜80℃のお茶で淹れてお飲み下さい。


「粉茶」

出来る限り粒子を細かくして、お抹茶風に仕上げました。 お湯を注いだ時の色は抹茶のように濃く鮮やかな緑色、味は濃厚で最高です。 濃い目に淹れても苦味はほとんどありません。 お湯を注ぐだけでも手軽に飲むことが出来、茶殻が出ないので後処理が楽にできます。  料理・御飲用どちらにも使用できます。 御飲用で使用した場合、この商品は湯呑み約60杯分飲むことが出来ます。




ピックアップ商品